レビトラジェネリックの効果・種類

レビトラジェネリックの効果・種類

レビトラジェネリックの効果

レビトラなどのED治療薬は、高い効果がありますが日本では保険適用外なので、1錠1500円から2000円ほどの高額な薬になってしまいます。海外では様々な種類のレビトラのジェネリックが販売されています。ジェネリックですので、価格はかなり安くなりますが、効果や成分はレビトラと同様です。多くの口コミなどがありますが、ジェネリックで効果が全く違ったという声はあまり見られません。

「先発薬でなければいやだ」という方は別ですが、特にそのようなこだわりがなく、少しでも安く購入したいという方にはジェネリックを利用するのがお勧めです。

レビトラジェネリックの種類

レビトラのジェネリックは、様々なメーカーから販売されています。特に人気のあるものをご紹介します。

バリフ

バリフ

アジャンタファーマ社が販売しています。20mgのみで、価格は180円前後です。最も人気のあるレビトラのジェネリックです。錠剤以外にもゼリータイプがあり、水なしで服用する事ができます。7つの味が楽しめるので錠剤が苦手という方にもお勧めです。ゼリータイプも20mgのみで、350円前後になります。体内に吸収され易いので、錠剤よりもさらに即効性があると言われています。

ブリトラ

ブリトラ

センチュリアン社が販売しています。20mgのみで、価格は170円前後です。バリフ同様、レビトラと同様の効果、即効性があり、食事の影響も受け難い事から人気のジェネリックです。他のED治療薬に比べると小さい錠剤なので飲み易くなっており、愛用されている方も多い治療薬です。

ジェビトラ

ジェビトラ

サンライズレメディ社が販売しています。20mg、40mg、60mgがあります。用量によって価格が異なり、140円から300円程度になります。ジェビトラにもゼリータイプがあり、20mgで350円前後です。こちらも水なしで服用できますが、味はイチゴ味の1種類のみです。

シルビトラ

シルビトラ

RSM社が販売しています。シルビトラは他のジェネリックと異なり、レビトラの主成分バルデナフィル20mgとバイアグラの主成分シルデナフィル100mgをあわせたものになります。バイアグラの勃起力とレビトラの即効性の両方を備えています。肥満気味の方など、他の治療薬が効かなかったという方にも高い効果を発揮します。強力な効果があるので、最初は半分に割って服用するのが推奨されています。1錠330円前後になります。


以上のように、様々な種類があります。ED治療薬には個人差があり、効果の出方や副作用は人それぞれで、どれが良いかは医師にも明確に判断する事ができません。ジェネリックでしたら安く購入できますので、色々と試してご自分に合っているものを探すのもお勧めです。また、海外の薬は欧米人向けに作られている事が多く、日本人では効果が強すぎてしまう場合もあります。最初に服用する際はピルカッターなどで半分にカットし、効果が薄いようであれば量を増やすようにしましょう。半分などで十分な効果を得られたら、価格をさらに安く抑える事ができます。

レビトラジェネリックを通販で購入

レビトラジェネリックを通販で購入

レビトラのジェネリックは、海外の薬なので日本では販売されていません。購入するには海外に直接買いに行くか、個人輸入をするしかありません。ですが海外に都合よく行く機会はなかなかないでしょうし、個人輸入は手続きも複雑で、言語の問題もあります。

個人輸入の手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者になります。輸入に関する全ての手続きを代行してくれ、購入する場合は一般的な通販と同じような簡単な手順で購入する事ができます。日本語のサイトになっていますし、スタッフもほとんどが日本人なので不明な点があれば日本語で対応してくれます。ED治療薬以外にも様々なジェネリックが販売されています。薬代を安くしたいという方は是非利用してみましょう。

通販での購入方法はこちら

ジェネリックとは

ジェネリックとは

ジェネリックは日本でも目にする機会が増えてきたかと思います。医薬品には、新薬(もしくは先発薬)と、ジェネリックと呼ばれる後発薬の2種類があります。薬の開発には長い年月と億単位の費用がかかりますが、すぐに他の会社に同じ薬を販売されたのでは新薬を開発した会社が十分な利益を得る事ができなくなってしまいます。

そこで、薬には特許があり、約20年間は他の会社は同じ成分の薬を販売する事はできないように決められています。特許が切れた後、他の会社から販売されるのがジェネリックです。既にある成分で安全性なども確認されているので簡単な試験などで済むため、開発にはそれほど時間と費用がかかりません。その為、新薬の2割から7割程度の価格で販売する事ができるような仕組みになっています。

日本ではあまりなじみがなかった事から安全性などに不安がある方もいらっしゃるかもしれませんが、有効成分、効果などは新薬と同じでなければいけません。また国の厳しい審査を通過しているもののみが販売されています。ジェネリックは安全性は保障された薬であると言えます。

殆どの国はこのようなシステムになっていますが、インドは薬事法が異なる為、販売されたばかりの新薬のジェネリックも販売されています。インドはジェネリック大国とも呼ばれていて、安くて品質の良いインドのジェネリックは世界中で愛用されています。